沿革

Home > HIT 紹介e > 沿革

大田保健大学校は博愛、勤勉、探求の教示の下で、国家と社会発展に必要な人材の養成を目標として、1997年に設立されました.
本校は生活の質を向上させるのに基本になる保健分野と知識情報社会に貢献できる専門職業人を養成しています.

History of 2000's

2017. 06
世界的レベルの専門大学(WCC)持続支援大学選定
2017. 06
大田·世宗5つの専門大学業務協力(MOU)締結
(大田保健大学、大徳大学、大田科学技術大学、又松情報大学、韓国映像大学)
2017. 05
特性化専門大学育成事業(SCK事業)2017年評価で最優秀等級選定
2016. 12
2回目の専門大学機関評価認証取得
2016. 09
世界的レベルの専門大学(WCC)再選定
2016. 08
モンゴルNational Institute of Forensic Scienceと国際交流協約の締結
2016. 08
14代目の総長徐中錫博士就任
2016. 02
初代名誉総長神成裕就任
2015. 10
開学37周年記念式
2015. 09
大学構造改革評価 '最高等級' 選定
2014. 11
世界的レベルの専門大学(WCC)再指定評価合格
2014. 06
特性化専門大学育成事業選定
2012. 09
中小企業技術革新大展(産学研有功部門大統領表彰)
2012. 03
大田保健大学校に名称変更
2012. 01
専門大学機関評価認証(高等職業教育評価認証院)
2011. 12
大田保健大学看護学科四年制転換承認
2011. 09
世界的レベルの専門大学(WCC)選定
2009. 11
学校企業(大田保健大学老人療養院)設立
2008. 03
学士学位専攻深化課程新設

History of 1900's

1998. 05
大田保健大学に名称変更
1978. 12
大田保健専門大学に名称変更
1978. 03
大田保健専門学校開学
1977. 12
大田保健専門学校設立